Biography





■SOLO EXHIBITION
2010
「Small Dream」 ber neue (Japan)
2011
「OPERA 」 EMON PHOTO GALLERY (Japan)
2012
「Elegance of Silence」 EMON PHOTO GALLERY (Japan)
2014
「Light」 EMON PHOTO GALLERY (Japan)
2017
「Light」 (France/paris)
「SAKURA」 EMON PHOTO GALLERY (Japan)
「SAKURA」 Myomanj KYOTOGRAPIE2017 KG+ (Japan/ Kyoto)
2018
「Shard」 EMON PHOTO GALLERY (Japan)
2019
「Milky Way」 EMON PHOTO GALLERY (Japan)


■GROUP EXHIBITION
2011
「CP+ONAEBA」 pacifico yokohama
「SICF」 spiral (Tokyo)
「New York PhotoFestival -Onaeba in NY-」 Dumbo, Brooklyn (Newyork)
「BREEZELESS」 SOUS LES ETOILES GALLERY (Newyork)
「Onaeba in NY Selected Photographers 2011」 72gallery (Japan/Tokyo)
2012
「Onaeba Selected Photographers 2011」 72GALLERY (Japan/Tokyo)
2013
「SERENITY」 ANA INTERCONTINENTAL HOTEL TOKYO (Japan/Roppongi)
2014
「Daege Photo Biennale」 (Korea/Daege)

「Le photobookfest」ROCK YOUR DUMMY AWARD (France)
2015
「Daegu Photo Biennale -Full Moon-」jayeon sarang Gallery(kosea/jeju)

Director's Choice 2015 (Emon Photo Gallery) 
2016
「近未来美術展-DOORS-」 Shinjyuku Isetan

「Emon Photo Gallery Collection Exhbition」 Emon Photo Gallery
「Festival La Gacilly Photo」(France/Bretagne)

■ART FAIR
2011
「+ PLUS THE ART FAIR 2011」 (Japan/Tokyo)
2012
「TOKYO FRONT LINE 2012」 3331ArtsChiyoda (Japan /Tokyo)
TOKYO PHOTO 2012 (Japan/Tokyo)
ART GENT
 
(Belgium/Gent)
2013
TOKYO PHOTO 2013 (Japan/Tokyo)
foto fever (Belgium/Brussels)
foto fever (France/Paris)
2014
foto fever (France/Paris)

2015
foto fever (France/Paris)[Shard] Solo Show

2016
Photo Shanghai
 (China/Shanghai)
2018
ART FAIR TOKYO (Japan)


■CONTRACT GALLERY
EMON PHOTO GALLERY (Japan)





■個展  
2010年
「小さな夢」 ber neue (日本/阿佐ヶ谷)  
2011年
「OPERA」 EMON PHOTO GALLERY (日本/広尾)
2012年
「Elegance of Silence」 EMON PHOTO GALLERY (日本/広尾)
2014年
「Light」 EMON PHOTO GALLERY (日本/広尾)
2017年
「Light」 (フランス/パリ)
「SAKURA」 EMON PHOTO GALLERY (日本/ 広尾)
「SAKURA」 総本山妙満寺(大書院) (日本/ 京都)KYOTOGRAPIE2017 KG+
2018
「Shard」 EMON PHOTO GALLERY (日本/ 広尾)
2019
「Milky Way」 EMON PHOTO GALLERY (日本/ 広尾)

■グループ展  
2010年         
「SCAT2010」横浜赤レンガ倉庫 (日本/横浜)        
2011年 
「世田谷区民写真展」世田谷美術館市民ギャラリー     
御苗場 in NY [ニューヨークフォトフェスティバル2011] (アメリカ/ニューヨーク)
2013
「SERENITY」 ANA INTERCONTINENTAL HOTEL (日本/六本木)

■企画展
2011年
「BREEZELESS」SOUS LES ETOILES GALLERY (アメリカ/ニューヨーク)
2012年
「御苗場 Selected Photographers 2011」72GALLERY(日本/京橋)
2014年
Daegu Photo Biennale」(韓国/テグ)
「Le photobookfest」 ROCK YOUR DUMMY AWARD (フランス/パリ)
2015年
「Daegu Photo Biennale -Full Moon-」 jayeon sarang Gallery(韓国/済州島)

「Director's Choice 2015」 Emon Photo Gallery (日本/広尾)

2016年
「近未来美術展-DOORS-」 新宿伊勢丹本店(日本/新宿)
「Emon Photo Gallery Collection 展」エモンフォトギャラリー (日本/広尾) 
「Festival La Gacilly Photo」(フランス/ブルターニュ)

■アートフェア
2011年
+ PLUS THE ART FAIR 2011(日本/新橋)
2012年
「TOKYO FRONT LINE 2012」3331ArtsChiyoda(日本/秋葉原)
東京フォト 2012 (日本/六本木)
ART GENT (ベルギー/ゲント)
2013年
東京フォト 2013 (日本/大門 増上寺)
foto fever (ベルギー/ブリュッセル)
foto fever (フランス/パリ)
2014年
foto fever (フランス /パリ)
2015年
foto fever [Shard] Solo Show (フランス/パリ)
2016年
Photo Shanghai (中国/上海)
2018
アートフェア東京 (日本)

■契約ギャラリー
EMON PHOTO GALLERY

■その他、展示多数(2009年〜2011年)
デザインフェスタ
コミティア
スーパーコミックシティ
汐留フェスタ
芸祭
一人一展
世田谷区写真展
下北沢ポストカード展
etc...









CV



Kiiro
Comtemporary Photographer
Born in 1978
Japan

I was attracted by the photograph fantastic faintly of the pinhole camera and began a camera.
The lyrical world of the flower with its myriad personalities, captured through a free and deft use of Photocollage. Kiiro is based in Japan, with exhibits in France, Belgium and New York. In 2015, I serve a judge in held photographic contest "Wipplay" in France.


Kiiro
写真作家
明星大学 油絵科卒業
神奈川県出身

ピンホールカメラの淡く幻想的な写真に惹かれカメラを始める。多様な性質をもつ花の叙情的世界をフォトコラージュを駆使し制作。日本を拠点に、フランス、ベルギー、韓国、ニューヨークで展示。
フォトコラージュをベースとした実験的なフォトブックを、手製本にて制作し活動。フランスのダミーブックアワードにてベスト30選出。
エモンフォトギャラリー所属作家。フランスの写真コンテスト「Wipplay」審査員。自由が丘写真教室講師。




AWARDS



2010
「SCAT 2010」 Red Brick prize (Japan)
2011
「CP+ONAEBA」
Prize selected by EMON PHOTO GALLERY (Japan)
2013
「International Fine Art Photography Award」
Juror Award of Merit in the EXPERIMENTAL (France)
「International Photography Award」
Fine Art :Collage.3rdPrice (Los Angeles)
2014
「Le photobookfest」 
ROCK YOUR DUMMY AWARD BEST30 (France)


受賞歴

2010年
「SCAT 2010」 横浜赤レンガ倉庫 赤レンガ賞 
2011年
「御苗場」 エモンフォトギャラリー レビュアー賞
2013年
「International Fine Art Photography Award」
実験部門 審査員賞 (フランス) 
International Photography Award」
美術:コラージュ部門3位 (ロサンゼルス) 
2014年
「Le photobookfest」 
ROCK YOUR DUMMY AWARD BEST30 (フランス)






Statement




For a long time in my artist career, I’ve being working on the theme of the cosmos flower.Growing in colonies, appearing at summer’s end, this sweet flower is imbued with somehow a nostalgic aspect.

The tangled interweaving of stems and buds, it expresses the original definition of cosmos: an expansive, perhaps infinite vastness filled with order and beauty of a sort, yet also imbued with something like a feeling that all struggle in life is in vain.

Cosmos in Japanese is called ‘akizakura’ (autumn cherry blossom), and therefore it felt necessary to turn my gaze to ‘sakura’(cherry blossom) that perhaps best symbolizes Japan. The protruding trunks seemed to me as a dragon flying up towards heaven, and in the intertwining branches through which blossoms cascade I see both the “calm” of full bloom and the “motion” of falling blossoms that from a whole universe.

With the photos I’ve taken, I analyze and superimpose image upon image, I add and subtract layers in my picturesque style. I try to overlay countless photographic fragments, trace time, and seek to somehow approach the beauty hidden within the cosmos or sakura flower. Like Noh, where 100 different stories by 100 different people are born in the imagination of the viewer, my works are difficult to convey with words.




私は長い間コスモスの花に着目して創作活動を してきました。夏の終わりごろから群生をなして咲 くこの花は、可憐でありながらどこか懐かしさを想 い起こさせます。 複雑に差し交わす茎や蕾み。それはコスモスの 原義である秩序・調和・美といった宇宙的な広 がりを感じさせる一方で、限りある命の無常観を この花に感じています。

コスモスの別名は秋桜。そして私は日本の象徴 とも言える「桜」へと対象を広げていったことは必 然だったかもしれません。隆起した桜の幹が天 に昇る龍のように見えることもあれば、枝の狭間 でこぼれるように咲く姿や散っていく様子は、静と 動が瞬くような宇宙のように感じられます。

私は撮りためた写真を何層ものレイヤーに分解 し、塗り重ねては削るといった絵画の技法を用い ます。無数の写真の「断片」を重ね、時間をトレー スし、コスモスの、また桜の花が秘める美しさに 私は接近しようと試みます。 しかしそれは、鑑賞者のイマジネーションが百人 百通りのストーリーが生まれる能のように、言葉で は表しきれないものでもあるのです。